方言をアピールしたほうが、隙があってモテやすくなる

出身地によって、方言があります。 地元で恋愛をしているときには気にならなかったのですが、社会人になって都会で働くようになると、方言に気づきます。 自分の方言が、とても気になり始めるのです。 「方言を直して標準語のほうが、かっこいいのではないか」 「方言があると、田舎くさくてモテないのではないか」 不安が強くなり、必死で方言を直そうとする人がいます。 直…

続きを読む

「もしよかったら」を加えるだけで、感じのいい表現ができる

「なんだか感じのいい誘い方だな」 そう思う人には、感じのいい表現が使われています。   「もしよかったら」です。   たとえば、好きな人に次のような言葉をかけるとします。 「今度、一緒に食事に行こうよ」 「お手伝いをします」 「話を聞かせてください」 言いたいことは分かりますが、いきなりすぎると、ちょっと引いてしまいますね。 …

続きを読む

偶然は、うまく作り出すのです

好きな人から電話がかかってきたとき「ちょうど今、私も電話しようとしていたところ」と言いましょう。 好きな人からメールが来たとき「ちょうど今、私もメールしようとしていたところ」と言いましょう。 好きな人から、期末テストの話題が出たとき「ちょうど今、私も同じこと考えていたところ」と言いましょう。 これを「シンクロニシティー」と言います。 思いと現実の出来事が一致することです。…

続きを読む

「食べるのが大好き」という自己主張をするだけでデートに誘いやすくなる

自己紹介はなんでもいいですが、必ず「食べるのが好きであること」をアピールしましょう。 趣味は何ですかと聞かれたとき「食べることです」と言えば、理想的です。 信じられないかもしれませんが、これだけでデートに誘いやすくなります。 「え? なぜ、なぜ?」 その言葉を待っていました。 ここに大きな心理テクニックが隠されています。 「私、食べるの大好きなんですよ」 …

続きを読む

モテる人はおいしいレストランの話を持ち出す

「モテるために、どのような話題がいいですか」 そう聞かれれば、私は「おいしい食事が出るレストランの話題を出しましょう」と答えます。 食に関する話題は、モテる人がよく心がけている話題です。 たとえば、会話中、さりげなく相手に「近くにおいしいレストランないかな」と話題を振ってみましょう。 相手においしいレストランを知っているか、尋ねてみるのです。 「○○にあるレスト…

続きを読む

人気記事