人に好かれるプライドが高い美人になる方法


プライドが高い女性


あなたはプライドに、どんなイメージを持っていますか?


人によっては、プライドは必要だと言ったり、プライドが邪魔をすると言ったり様々ですが、本当のところはどうなのでしょう。


プライドの持つイメージを変えて、今日からプライド美人になりましょう。




そもそも「プライド」って?プライドと聞くと、あなたはどんなイメージを持ちますか?

一般的なプライドのイメージ

・お高く止まってる

・上から目線

・人の言うことを素直に聞かない

・自分が一番だと思っている


こういう悪いイメージを持っている人が多いんじゃないでしょうか。



では、私たちが「プライド」という言葉を口にする時は、どのような時でしょうか?


誰かに対して「あの人、プライドが高いよね。」という時と、自分に対して「プライドが邪魔をして……。」というような場合が多いのではないでしょうか。



「プライドがある」ということは、「自分のことを誇りに思う」「自分のことを素晴らしいと思う」こと。


つまり、自分の価値を認めている状態です。ですから、必ずしもプライドが高いことが悪いとは限らないのです。


プライドが「高いか低いか」の違いは?

プライドが高い人とは?

・人から何か言われるのが嫌な人

・何かと上から目線の人

・自分の世界を持っていて、それが1番だと思っている人


プライドが低い人とは?

・自分から声をかけていく人

・人の意見に耳を傾けられる人

・誰にでも公平に関わる人


プライドのある人とは?

・自分の考えをしっかりと持っている人

・堂々としていて自信のある人

・人に振り回されず軸のある人


プライドのない人とは?

・自分のことに責任を持っていない人

・自分の意見がなく、他人に流される人

・自信がない人



注目していただきたいのは、プライドが高い人とプライドのある人の違いです。

プライドが高い人とプライドのある人とでは、私たちの持つ印象が違います。

プライドがある人に対しては、好意的に感じられるのですが、プライドが高い人となると嫌なイメージを持ちませんか?

プライドはないよりもあった方がいいのですが、高すぎてしまうと人に良い印象を持たれなくなってしまいます。

プライド美人になるには、自分の価値だけではなく、相手の価値も認めることが必要です。


自分のプライドを守るのと同じように、相手も自分のプライドを守っているのだと知ることで、プライドは高い低いではなく、「大切なもの」という理解に変わりませんか?

自分だけでなく相手のプライドも考えることができる人が本当のプライド美人になれるのです。


この記事へのコメント