告白された女性が「考えさせて」と返事を保留する時の心理

告白された女性が「考えさせて」と返事を保留する本当の理由とは?

好きになった女性に思い切って告白をしたけど、彼女の返事は

「すぐには答えを出せない」
「少し考えさせて欲しい」

なぜ彼女は「ごめんなさい」と断るのではなく、告白の返事を保留したのか?この時の女性の心理は次の2つです。

ha_034.jpg

1.あなたは恋愛対象だけど、まだ確信がもてないから返事を保留した
2.どう断ればいいかわからなかったから告白の返事を保留した

1の場合は、彼女はあなたを恋愛対象と意識しています。ただ、「この人と付き合いたい!」という気持ちにはまだなっていません。「付き合ってみようかな、どうしようかな?」と迷っている状態。

なぜ迷うのか?あなたのことは好きだけど、「何かがひっかかる」から。

「いい人だけど、毎回『どこ行きたい?』じゃなくて『今日は動物園に行こうよ』って決めて欲しい」
「付き合ってもいいけど、怒りっぽいところが嫌だな」
「この人は気になる存在だけど、お互いにまだよく知らないし」

つまるところ、彼女が決断するには何かが足りないんです。だけど、あなたは恋愛対象。この場合、断られたからといって諦める必要はありません。

そのまま押しの一手で成功する可能性があるのはこのパターン(だからといって、強引に押せと言ってるわけじゃないですよ)。告白の返事を保留された後も、彼女とは連絡をとれます。だから、彼女が感じている足りない部分を埋めていきます。

告白の返事を保留された場合は、「彼女が気になっている僕の行動や態度は何か?」を考えてください。

原因がわからない時は、今までに彼女の様子が変わった場面を思い出すこと。好きじゃない・して欲しくない態度や行動をされた女性は、いつものように微笑んでいることはありません。

必ず表情や態度にあらわれます。急に視線をそらしたり、いきなり話題を変えたり、口数が少なくなったり。

彼女の様子に違和感を感じた時を思い出し、その時の自分の態度や行動を思い出してください。彼女が告白の返事を保留する理由はそこにあります。

注意して欲しいのは、彼女が告白の返事を伝えてくるまで何もせずに待たないこと。

好きな女性から告白の返事が来るまで連絡もしない、会わない、誘わないで待っているだけだと、90%以上の確率で「今は付き合うことはできない」という答えが返ってきます。





もう一度思い出してください。告白の返事を保留する時の女性の心理は、「付き合ってもいい気はするけど、決め手に欠けている」んです。

「こんな態度はやめて欲しい」
「もっとお互いのことを知りたい」

という彼女の迷いの原因を解消する必要があります。

ただ返事を待っているだけで、「本当は決断力がある人なんだな」「彼のことはだいぶわかったし、私のこともわかってもらえた」と好きな女性に思ってもらえる展開になりようがない。

だから、彼女との連絡や会話を控えないようにしてください。

嫌いではないからこそ断り方で悩む

問題は2の「どう断ればいいかわからないから告白の返事を保留した」場合。このケースは既に彼女の返事は決まっています。「付き合えません、ごめんなさい」です。

なぜ彼女はその場で断らずに「考えさせて欲しい」と言ったのか?どう断ればあなたを傷つけないか、どう断れば今後の二人の関係が気まずくならないかを考えているから。

彼女にとってあなたがどうでもいい存在なら、定期的に顔を合せる関係でもないなら、その場であっさり断ってます。

なるべく傷つけたくないし、今後も関係を絶つ訳にはいかない。でも、すぐにはうまい断り方が思い浮かばない。だから告白の返事を保留したんです。

このケースで返事を保留された場合、彼女に返事の催促はしてはいけません。彼女の返事は「ごめんなさい」と決まっています。

そして、告白した女性に対してはいつもどおりに接すること。彼女は「今回をきっかけに、気まずくなるかもしれない」と悩んでいます。

だからこそ、彼女には普段どおりに接して「気まずくはならない」と安心させてあげることが最優先。言い換えると、安心してあなたからの告白を断りやすい状況を作ってあげるんです。

そもそも彼女はあなたを嫌いではないんです。嫌いじゃないからこそ、返事の仕方に悩む。

「彼女が返事を保留するのは可能性があるからだと考え、もっとアピールしたり押したりして、最終的に『しつこい』と嫌われる」 「今回は彼女との関係が気まずくならないことを最優先し、次のチャンスはものにする」

どちらを選ぶかです。

告白の返事を催促すると、答えは「ごめんなさい」になる

告白の返事を保留された全てのケースに当てはまりますが、告白の返事をせかさない・催促しないこと。

そもそも、告白の返事を保留する時点で、「今の段階ではNO」が女性の答え。

彼女が「この人と付き合ってもいい」と思う決め手もないまま、ただ返事の催促をすると「今の段階で結論を出せと言われたら、もちろんNOです」になります。

女性がつき合うかどうか迷っている原因を解消すれば簡単に成功した恋愛を、わざわざを自分の手で潰すことのないように注意してください。


この記事へのコメント

人気記事