偶然は、うまく作り出すのです

好きな人から電話がかかってきたとき「ちょうど今、私も電話しようとしていたところ」と言いましょう。

好きな人からメールが来たとき「ちょうど今、私もメールしようとしていたところ」と言いましょう。

好きな人から、期末テストの話題が出たとき「ちょうど今、私も同じこと考えていたところ」と言いましょう。

これを「シンクロニシティー」と言います。

思いと現実の出来事が一致することです。

お互いが同じタイミングで、同じことをしようとしていることが分かると、気持ちが一致しているようで嬉しいですね。

嘘でもいいのです。

たとえ、タイミングがずれていても「ちょうど今、同じことをしようとしていたところ」とわざと言いましょう。

相手に、シンクロニシティーを意識させるためです。

「この人とは気が合うな。運命的な何かがあるのではないか」


そう思わせるのです。

そう思わせるために、上手に嘘をつきます。

恋愛は、嘘も方便です。

偶然は、うまく作り出すのです。

もちろんあまり使いすぎては怪しまれるので、使いすぎには要注意です。

適度さにシンクロニシティーを思わせる言葉を言って、赤い糸を意識させましょう。





この記事へのコメント

人気記事