「もしよかったら」を加えるだけで、感じのいい表現ができる

「なんだか感じのいい誘い方だな」


そう思う人には、感じのいい表現が使われています。

 

「もしよかったら」です。

 

たとえば、好きな人に次のような言葉をかけるとします。

「今度、一緒に食事に行こうよ」


「お手伝いをします」


「話を聞かせてください」


言いたいことは分かりますが、いきなりすぎると、ちょっと引いてしまいますね。

いきなり誘われると、身構えてしまい、警戒してしまいます。

唐突で、少し一方的な言い方です。

人によっては不快感を抱く人もいるでしょう。

そこで使いたいのが「クッション言葉」です。

感じのいい表現を作るのは簡単です。

表現の最初に「もしよかったら」を加えるだけでいいのです。

誘いの言葉の前に「もしよかったら」を加えて疑問形にしましょう。

「もしよかったら、今度一緒に、食事に行きませんか」


「もしよかったら、何か手伝いますよ」


「もしよかったら、話を聞かせてほしいな」


表現にとげとげしさがなくなり、柔らかい言い方になりましたね。

最終的なOKかNOかの判断を、相手に委ねています。

相手に不快感を与えないように配慮している様子がうかがえます。

感じのいい誘い方をさせると、その気がなくても「いいかな」と思うのです。





この記事へのコメント