方言をアピールしたほうが、隙があってモテやすくなる

出身地によって、方言があります。

地元で恋愛をしているときには気にならなかったのですが、社会人になって都会で働くようになると、方言に気づきます。

自分の方言が、とても気になり始めるのです。

「方言を直して標準語のほうが、かっこいいのではないか」


「方言があると、田舎くさくてモテないのではないか」


不安が強くなり、必死で方言を直そうとする人がいます。

直したい人は直してもいいですが、無理やり直す必要はありません。

方言がある人はラッキーです。

むしろ方言があるほうがモテます。

なまり口調のほうが、人間性に隙があるように見えて、付き合いやすくなるからです。

人間、完璧を演じるより、少しくらい隙があるほうがモテます。

方言は、相手を安心させます。

都会に染まらず、自分の故郷や個性を大切にしている人だなと思いませんか。

そういうところが、じわりじわりと感じられるので、温かくて癒されるのです。

方言は財産なのです。



この記事へのコメント

人気記事