モテる人は「上手に話そう」と思うより「上手に話を聞こう」と心がけている

好きな人と話をするときには、上手に話をしようと思います。

恋愛を意識した会話では、多くの場合、話すことに力を入れてしまいがちです。

自分のことを知ってもらえれば、好きになってもらえるだろうと思うからです。

もちろん上手に話をすることも大切です。

しかし、話そうと思えば思うほど、空回りしやすくなります。

自分の話はするけれど、相手の話はあまり聞かないという、偏りのあるコミュニケーションになりやすいのです。

自己主張が強い人だと思われ、逆に煙たがられるかもしれません。

会話で大切なのは、話すことより、聞くことです。

話を聞ける人は、モテます。

聞く姿勢によって「あなたのことを知りたい」というメッセージを伝えられるからです。

ほんの少し、会話の姿勢を変えてみましょう。

「上手に話そう」と思うより「上手に話を聞こう」と思うのです。

上手に話を聞こうとするとき、話の軸は「相手」になります。

「相手のことを知ろう。分かろう。理解しよう」という気持ちになります。

話の内容に応じて、相槌をうったり、気の利いた返事を考えたりしようと思います。

その熱い姿勢に、相手は心を打たれます。

「自分のことを知りたがっている」という気持ちが相手に伝わった瞬間、どきっとするのです。

上手に話そうと思うより、上手に話を聞こうと心がけるほうが、コミュニケーションはスムーズになるのです。





この記事へのコメント