とっさに話しかけられると、変な顔で返事をしてしまいがち

私はよくコーヒーショップで本を書いているのですが、よく話しかけられます。

1つのテーブルに、椅子が2脚あります。

団体客が来店して、椅子が足りないので、私の相席の空いている椅子を借りたいと言われるのです。

「この椅子、お借りしてもいいですか」


もちろんOKです。

ただ、返事の仕方で、よく失敗をしてしまうのです。

「いいですよ」ともちろん答えるのですが、答えた後「しまった」と思うことがあります。

なぜ悔やむのかというと、返事をするとき、変な表情になってしまうからです。

急に話しかけられたとき、多くの人は驚く表情をするのではないでしょうか。

驚くつもりはないのですが、やはり驚きます。

いきなり話しかけられて、聞かれたことを考えたり言葉を選んだりしているので、一瞬、頭がいっぱいになります。

とっさのときほど、余裕がなくなる。

返事をするのがやっとで、表情のことを忘れてしまうのです。

無愛想で「いいですよ」と返事をしてしまったことに、後から気づいて「しまった」と思うのです。

私も悪気があったわけではありませんが、とっさのときほど、そうなりがちです。

「いいですよ」という返事には、にっこりした笑顔がお似合いですね。

自分が逆の立場になり、椅子を借りようとするとき、相手からにっこり「いいですよ」と言われると、気持ちよくなります。

自分も気持ちよく答えたいと思います。

しかし、私もにっこりして答えたいですが、とっさの状況では、なかなかできないこともあるのです。

とっさに話しかけられるときに備えて、にっこりしながら「いいですよ」という練習を風呂場で何度かしたことがあります。

まさかと思うかもしれませんが、本当です。

私が表情の練習をするときは、だいたい風呂場です。

とっさのときほど、実際は余裕がありません。

とっさの動作は、普段から練習をしておくのです。

今度、急に話しかけられたときは、にっこりした笑顔を見せられるように備えています。




この記事へのコメント