いつまでも敬語で接しない 敬語をやめると親しい雰囲気に変わる

好きな彼や彼女が年上だったり先輩だったりすることがあります。

やはり立場の違いから、最初は敬語を使うでしょう。

年上や先輩に、礼儀正しく接するのは常識ですね。

もちろん知り合って間もないうちは、相手を敬った丁寧な言葉遣いが必要です。

立場をわきまえた言葉遣いは大切ですが、逆にそれが関係を深めるときの障壁になることもあります。

言葉遣いは、透明の壁です。

見えませんが、隔たりがあり、独特の距離感があります。

丁寧な言葉遣いも、ほどほどが大切です。

一緒にデートをする仲になれば、そろそろ敬語を卒業する時期です。

見えない透明の壁をなくしていくのです。

少しだけ、崩した言葉遣いにしてみましょう。

ただし、いきなり言葉遣いを変えるのではなく、相手の反応を見ながら、少しずつ言葉遣いを変えていきましょう。

もちろん相手に「仲良くなったし、少し言葉遣いを変えてもいい?」と尋ねてもかまいません。

言葉遣いというのは、雰囲気を作る重要な要素です。

いつまでも敬語で接しないことです。

敬語をやめると、親しい雰囲気に変わります。

2人の関係の雰囲気はがらりと変わり、和らぐのです。





この記事へのコメント