いくつに見えるか年齢を聞かれたときの定番の答え方

「私、いくつに見える?」


会話中、年齢のついての話題が出ることがあります。

この質問は、困ります。

答え方によっては、相手の気分を害するかもしれないからです。

年齢は若く答えればいいと思っていませんか。

いいえ、なんでも若く答えればいいわけではありません。

若く答えることで気分を害する人もいるでしょう。

ここで、私が心がけている返事の仕方あります。

答え方は、2とおりあります。

言い方を変える境界線は「20歳」です。

相手の外見を見て、20歳以上だろうなと思うのなら、少し若く答えましょう。

40歳くらいと思うのなら、35歳くらいに見えると答えるといいでしょう。

35歳くらいなら、29歳くらいに答えます。

誰でも若く見られたいと思うものですから、若く言われると、相手も喜ぶことでしょう。

「私の知り会いの人と比べても若く見えますよ」と言えれば、最高です。

逆に、相手の外見を見て、20歳以下だろうなと思うのなら、少し年齢を高く答えましょう。

若い人に、さらに若く答えると「侮辱されている」「なめられている」と感じる人が多いためです。

若い人ほど大人に見られたい欲求があるので、少し年上に答えておくと、気をよくします。

「知性を感じる」「落ち着きがある」「しっかりしている」という理由をつけると、もっと喜ぶことでしょう。

なぜ20歳を区切りにするのかというと、人間の意識の差です。

人間は、10代から20代になったとき、意識が大きく変わります。

「ああ。もう10代は終わりだ。ティーンエージャーとは言われなくなる」


20歳になった瞬間、10代が急に懐かしく思え始めます。

20代になると、10代が羨ましくなる。

年齢の答え方も、20歳を区切りに使い分けるようにしています。

あくまで私の考え方ですが、ぜひ参考にしてください。

この記事へのコメント

人気記事