「恋愛はなんでも話ができる関係が大切」という主張の後、「あなたにならなんでも話ができそう」と言う。

好きな人との会話では、いろいろな話題が出ると思います。

話の流れで「恋愛」について話題を出しましょう。

このとき「恋愛で一番大切なことは何か」と話題を出してみましょう。

相手と恋愛観について、意見交換をしましょう。

相手は「顔が一番」「性格が重要」「スタイル重視」など、さまざま主張するでしょう。

相手からの意見は、どうでもいいのです。

重要なのは、あなたが訴える主張です。

あらかじめ主張する内容が決まっています。

あなたは「恋愛は、なんでも話ができる関係が大切」という主張をしましょう。

「相手と自由に話ができれば、お互いの過去を知ることができるし、理解も深められる」


「たとえ、困難があっても、会話が十分にできれば乗り越えられる。会話が豊富であれば、性格の違いも理解し合えると思う」


熱意を持って、語りましょう。

お互いの恋愛観について語り合う時間になり、有意義な時間が生まれるはずです。

あなたの話を聞いて、相手は「なるほど。たしかにそうだね」とうなずいてもらえれば、OKです。

相手は、あなたの主張に説得されました。

さあ、ここまで来れば、あと一息です。

次が、最大のポイントです。

恋愛観の話が終わった後、あなたはさりげなく、次の一言を言いましょう。

「ああ。いっぱい話ができてよかった。あなたになら、なんでも話ができそう」


相手は、はっとするに違いありません。

「恋愛はなんでも話ができる関係が大切」という話をした直後に「あなたになら、なんでも話ができそう」と続きます。

自分が恋愛対象ではないか、と気づきます。

しかも、相手は「恋愛で大切なのはコミュニケーション」だと説得されています。

自然な流れで「この人とは恋愛の可能性があるかもしれない」と思うようになるのです。

そう思わせる話の流れです。

こうすることで、恋愛感情を芽生えさえ、恋愛関係を意識させるきっかけになるのです。





この記事へのコメント

人気記事