指先の小さな爪は体全体のイメージまで波及する

料理番組で登場する料理人には、ある心がけがあります。

テレビに映った料理人の手をじっと見てみましょう。

必ず爪が短く切られているはずです。

マナーという問題もありますが、そもそも食事のイメージを壊さないためです。

爪が伸びていると「爪も切らない人が、食材を上手に切れるのか」と疑問に思います。

伸びた爪に垢がたまっていると「食事の中にも、垢が混ざっているのではないか」という不潔な連想さえしてしまいます。

指の小さな爪です。

しかし、その小さな部分で、人全体や食事全体にまでイメージが波及してしまいます。

できるだけ食事をおいしそうに見せるために、料理人は必ず爪を短く切ってから料理に臨んでいます。

せっかく上下が整ったファッションができていても、爪に垢がたまっていると急に不潔な印象に変わります。

その汚い手でいろいろ触っているのかと思うと、ぞっとします。

特にそういうことを、女性は敏感に察知します。

「助けてあげよう」と差し伸べた手が、垢がたまっている爪では不潔です。

せっかく人を助けようとする紳士的な行動も、爪の垢で台無しです。

きちんと爪は短く切って、清潔を心がけることです。

マナーという問題もありますが、それ以上に不潔なイメージをあなた全体に波及させないためです。

小さな指は、日常でつかんだり、触ったりと頻繁に動かします。

だからこそ、少し爪が伸びていると、垢がたまりやすい。

今、あなたの爪はどうなっていますか。

伸びていますか。

爪に垢がたまっていませんか。

伸びていたり汚れていたりすれば、今すぐ爪を切って清潔を保つようにしましょう。





この記事へのコメント