告白はされる側よりする側になるほうがいい

告白における立場には、2つあります。

告白をする側と、される側です。

どちら側になりたいですかと聞けば、普通は「告白される側」になりたいと思うものです。

告白される側のほうが、異性からモテている感じがあります。

相手から告白してくれるので、恥ずかしい思いをすることもないのです。

しかし、こんなモテる人には、落とし穴があることを忘れてはいけません。

告白される側になりたいと思うと、待つばかりになります。

つまり、受け身になるので本当に好きな人に思いを伝えることができないのです。

いつ、誰から、どう告白されるのか、自分の意思でコントロールできません。

もしかしたら、好きでもない人から告白されることもありえます。

いえ、むしろそうなる場合が、ほとんどです。

「告白してくれた人の中で付き合う人を選ぶ」という流れで、付き合い始めることもあるでしょう。

告白される側になると、必ずしも、一番好きな人と付き合えるとは限らないのです。

受け身であるゆえの、デメリットです。

実は自由が制限され、選択肢が狭くなるのです。

本当は、告白する側になったほうがいいのです。

自分から行動できる自由があるからです。

告白できる相手を選ぶことができます。

告白したいときに、告白できます。

すべて自分しだいです。

告白する側になれば、相手を選ぶことができますから、一番好きな人に告白できます。

もちろんNGになることもありますが、OKになれば、大好きな人と付き合うことができるのです。

これ以上幸せなことはありません。

告白する側になるのは大変ですが、それだけの価値はあるのです。

将来のことを考えると、告白は、される側より、する側になったほうがいいのです。


この記事へのコメント