ダイエットに効果的な食品

偏った食事ではなく、いろいろな食品を摂ってバランスの良い食事をすることが、健康的なダイエットに繋がります。


1.玄米・胚芽米

玄米は、収穫した米からもみ殻だけを除いた精米していない米で、胚芽米は玄米からぬか層を取り除いた精米のことをいいます。

玄米や胚芽米は食物繊維を多く含み、体内の余分なコレステロールや有害物質を体外に排出します。また、体内で糖質を燃焼させるために必要なビタミンは、ビタミンB1。

玄米・胚芽米はこのビタミンB1を多く含んでおり、糖質を効率よくエネルギーに変えることができます。

2.きのこ類(しいたけ・舞茸・なめこ・エリンギ・えのきたけ)

きのこはかさがあり、低カロリーな食品です。
食物繊維には水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維があり、きのこは不溶性食物繊維です。

どちらも腸内の老廃物や余分な脂肪を排泄し、きれいにする働きをします。きのこに含まれるβグルカンはコレステロールを下げる効果があります。腸に長くとどまり、排便を促すので便秘の予防になり、デトックス能力が高まり痩せやすい体になります。

デトックス効果のある5つの食材で美味しく酵素ダイエット

3.海藻類(こんぶ・わかめ・めかぶ・もずく・とろろ昆布・ひじき)

海藻はカロリーがほとんどありません。

海藻のぬるぬるした成分はフコダインといい、水溶性食物繊維の一種です。脂肪分解酵素の働きを阻害し、糖質や脂質の吸収を遅らせ体脂肪になりにくくしたり、体外に排出する働きや、コレステロールの吸収を抑え、体外に排出する働きがあります。また、水分を吸うと膨らむため、満腹感が得られやすくなります。

4.しょうが

しょうがには、ジンゲロールとショウガオールという2つの辛み成分があります。

これらは体を温め、血行を促進して冷えを緩和する働きがあります。新陳代謝を活発にするので、脂肪が燃焼しやすくなり、痩せやすくなります。また、腸の活動が活発になることで、便通が良くなります。

5.グレープフルーツ

グレープフルーツの苦味成分の「ナリンギン」は、食欲を抑える・抗酸化作用などの効果があります。

また、グレープフルーツの香り成分の「ヌートカイン」を吸うと、交感神経が盛んになり、脂肪燃焼率をアップする効果があると言われています。グレープフルーツのアロマオイルはダイエットに有効ということでも有名。

6.唐辛子

唐辛子に含まれている辛み成分「カプサイシン」には、体の代謝を活発にする効果があり、脂肪の燃焼を促進します。

普段の食事に唐辛子をプラスしたり、柚子胡椒を使用したり、キムチを食べることで体が温まり代謝アップに有効です。

7.ヨーグルト

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、善玉菌を増やす働きをする他に、抗肥満効果が期待できます。

ヨーグルトの乳酸菌は胃酸に弱く、腸に届くまでに死滅してしまう性質があるので、空腹時に摂ることは避けましょう。デザートとして食べることもおすすめです。

8.食物繊維を多く含む食品

ごぼう、たけのこ、切干大根、もやし、オクラなどの食物繊維を多く含む食品は、不溶性食物繊維といい便通を促します。

摂りすぎた糖や脂肪を排泄してくれるので、毎食積極的に摂りたい食品です。

この記事へのコメント

人気記事