男性に対して優しさよりも面白さを求めている人もたくさんいる

面白い男性はモテます。 女性は常に一緒にいて楽しい人が好きです。 だから恋愛対象として考えている男性に対して、優しさよりも面白さを求めている人もたくさん居るので、モテる男の特徴である面白い男性を目指して努力しましょう。 一緒にいて楽しい人となれば会話が続く人ですが、その会話の中にも面白さが必要です。 面白さが無い人とは、少しの間なら一緒に居る事ができますが、長い間になると退屈になってしまい飽きてしまいます。 だから自分には面白みが無くてもやさしさがあるから大丈夫と、過信はしない様に心がけましょう。 たくさんの女性に自分の事を振り向いてもらいたいと願うなら、まずはやさしさよりも楽しい会話が出来るように面白さを身につけてみると良いかもしれません。 もちろん「笑い」について人それぞれ観点が違ってきます。 しかし、せっかくモテるなら自分と同じ観点の人にモテる様にして笑いについてしっかりと勉強しましょう。 男女間でも面白さは必要となってくるので、誠実でやさしいだけではなくて楽しい会話をする事ができ相手の女性を飽きさせないように面白い男になりましょう。 単に面白い男だけでは、客観的に見て「芸人」扱いになってしまいます。 面白さの中にもキチンとやさしさを踏まえながら、会話を楽しむ事によって女性は貴方の夢中になってしまいます。 まず、女性と会話をするきっかけとして、面白い話をして女性との距離感を縮めていくとモテる男に近づくためにはより効果的になるでしょう。

続きを読む

自分の意見を人前で言える

少人数、二人だけの時なら自分の意見を言えるけれど、大勢の前になると話せなくなる人は男女問わず多いですね。 日本人は学生時代から大勢の前で自分の意見を通す習慣がありません。 授業の一環としてやる機会はあっても、普段から行う人は少ないのです。 会議やミーティング、合コンといった場所で意見を聞かれても、特にない、誰かと同じとしか言わない人をどう思いますか。 主体性がない人に見えると言われることが多いでしょう。 現代社会において、自分の意見をはっきり言えるのは必要な能力です。 苦手な人でも鍛えておく必要があります。 特に間違っているかもしれない、詳しくないので自信がないといった時に、自分の意見を述べるのはなかなか難しいことです。 意見というのは、誰もが正しいと思うものだけを話してほしいわけではありません。 正解がわかっているのであれば意見を集める必要はありません。 自信がないのであれば、その旨を含めて話せばいいのです。 間違った意見も含めて参考になると思えば、少しは気が楽になりませんか。 少数意見になった場合も、皆と違うと悲観的にならず貴重な発言ができたと思いましょう。 少数派の内容から問題が掬い上げられる場合もあるのです。 誰もが同じ意見であるより、多様性がある方があえて意見を募る意義があるのです。 実際にほぼ同じ意見の場合でも、補足的な内容を付け加えるのは可能です。 ただ同じ意見だと言うのに比べて自分の意見として話している印象を周囲に与えられます …

続きを読む

もてる男は、女性との会話を楽しく行っています

もてる男は、女性との会話を楽しく行っています。 話題も豊富で相手を飽きさせることがありません。 しかし、準備なしで楽しく会話ができる人はまれです。 もてる男だってしっかり準備した上で女性と対峙しています。 では女性と会話するための準備はどこで行えばいいのでしょうか。 最も簡単で確実な準備ができるのはインターネットです。 話題を考えて、キーワードで検索すればいくらでも関連する内容が出てくるでしょう。 女性のタイプに合わせて、使える話題のネタを紹介するサイトもあります。 ただし、あまりにそのまま利用すると危険です。 インターネットは誰でも検索ができる利点がありますが、女性も見ることができます。 参考程度にしながら、自力でさらにネタの内容を理解していくと話がしやすくなるでしょう。 テレビも、会話のきっかけとするには適したネタが多数あります。 時事問題から豆知識まで、広く話題を仕入れることができるでしょう。 テレビは誰でも見ている可能性があるので、女性ひとりに拘らず場の話題として提供しやすいのもポイントです。 ただし、話題を収集するだけで終わらないよう気をつけてください。 調べたのにいざ話そうとしたら会話にならないという人は、ネタ集めで満足してしまっています。 上辺だけをなぞって理解したつもりにならず、話題に関する事柄を調べて自分のものにします。 どう話すか、事前に練習してみるのも自分の理解度を試すにはいいでしょう。 自分を話し下手だと思うなら、準備段階…

続きを読む

女性がいる際の話題に気配りをする

女性と二人だけ、または女性が混じっている際は話題に気配りが必要です。 男性だけなら問題ない、よくしている話題でも、女性が苦手なものがあるのです。 もてる男はよく理解していて、女性と会話が弾むように心がけます。 最も避けるべきなのは下ネタです。 改めて注意する必要がないと思う人もいるでしょう。 しかし、男性同士で盛り上がった後に女性が混じると、うっかり話に乗せる場合があります。 女性は実は下ネタが好きだから大丈夫と主張する人もいるようです。 それでも、異性が混ざる際にあえて振っていいネタではないでしょう。 テレビで芸人が下ネタを話しても問題ないのは、笑いの技術をもつプロだからです。 実は好きというのが事実だとしても、男性の前で喜ぶような女性はまずいません。 話の方向性がそちらに向かっているなら、変更してあげるのが気配りというものです。 また、理屈や理論だてた話題も女性は苦手な傾向があります。 男性は、雑談の中でも筋道だてた議論を好みます。 つじつまが合わない話をすると、どういうことなのかと追求するでしょう。 雑談のつもりだったのに、裏付けや実証例を出さないと納得しない方向性になることもしばしばです。 一方で女性は、雑談レベルなら話の筋道にこだわりません。 場の空気や参加している人の感情が大事なのです。 そこに理由や理論を求めると、嫌がられてしまうのです。 女性が混ざっているのであれば、雑談に理屈を求めるより全員が楽しく会話できるような気配りを優先し…

続きを読む

女性を落とす際には押しが必要とよく言われますが

女性は、決断力が弱い傾向にあります。 デートの際、行き先や食事の内容を尋ねると非常に迷う姿が見られるでしょう。 軽い内容でも、選択した結果のその先まで考えて不安になるからなのです。 ですから、女性を落とす際には押しが必要とよく言われます。 女性の迷いや不安を取り除くために、多少の強引さはあってもいいでしょう。 好きな相手からの押しは、戸惑うように見えても内心ではうれしいと感じているのです。 しかし、ここで気をつけなければならないことがあります。 その女性は、本当にあなたに好意を持っていますか。 好意がない相手に強引にアプローチされると、それはただの嫌がらせとなるのです。 女性は強引な男に弱いとされる一方で、男のしつこさは嫌われると言います。 この違いは、女性側からの好意の有無なのです。 好きな女性と話す際には、態度や仕草、表情などよく観察してください。 気持ちが自分へと傾いてきているように見えますか。 ただの友人以上と思われる好意が見えて初めて、押しは効力を持ちます。 それ以前は逆効果なので、常に女性のサインを見逃さないようにしましょう。 恋愛は男女二人で育むものです。 自分一人で暴走しないように気をつけてください。 まだ付き合ってもいないのに、女性のどんな様子を見ても自分のことを好きな証拠だろうと見る人がいます。 こういったタイプはしつこさが前面に出ているはずです。 困ったことに、しつこさは自覚がない所にこそ発生します。 ストーカー扱いで通…

続きを読む