脈がないようであれば引き際

好きな女性には一途でありたいという男性は多いでしょう。 しかしそれは心構えだけであって、態度に出さないよう気をつける必要があります。 この女性しかいない、脈がなくてもあきらめないと思い込むと、周囲が見えなくなります。 余裕がない男性は、すぐに態度に出るのです。 一人の女性を真剣に想う気持ちは大事ですが、重く感じられないようにする努力も必要です。 脈がないようであれば、引き際だと判断して一旦口説くのをやめましょう。 押しつけがましい男は嫌われます。 女性は、たとえ多少好意があったとしても追いかけられ続けると次第に嫌になってくるのです。 好印象を与えるどころか、近寄らないで欲しいと思われては口説く意味がありません。 口説く際には、さじ加減が必要です。 たまには押してみるのもいいでしょう。 しかし、女性の反応がよくない場合には引き際を心得るのです。 女性は自分の気持ちをすぐに仕草や態度に出します。 いつまでも口説き続ける男性は、そんな女性を理解できない気の利かない人だと判断されます。 これでは、近づこうとしても逆効果になります。 しつこい男は嫌われるので、すぐに手を引きましょう。 世の中はその女性だけではないと思えば、余裕ができます。 一度押した後、すぐに引かれると女性はもったいないことをしたかと思います。 そこで、改めて声をかけるのです。 引き際がよければ、再びの機会は遠くない内に発生するでしょう。 これが最後のチャンスだと思い込まずゆっくり…

続きを読む

焦らずに段取りを立てて女性に近づく

女性を好きになったら、まずどうしますか。 いきなり二人きりのデートに誘うなんて論外です。 相手をよく知らない内に二人で出かける行為は、女性の辞書には存在しません。 女性はドラマのような運命の出会いを夢見る一方で、一足飛びに進む仲には不安を覚えます。 時には積極的に行動するのも必要ですが、無鉄砲に女性に迫れば断られて当然なのです。 例えばあなたが好きな女性と食事に行きたいとします。 そこに至るまでの段取りが必要なのです。 顔も知らない人と、レストランの相席という都合以外で同じ食卓につくことはありませんよね。 女性は、異性に心を開くまでの段階が男性に比べて多いのです。 最初の段取りとしては、顔見知りになるでしょう。 いきなり親しげに話しかけられても女性は困ります。 毎日の挨拶程度なら、よく知らない人でも女性は気軽にできます。 慣れてきたら、挨拶に軽く一言付け加えてみてください。 女性が挨拶以外にも返事をするようになるまでは、ここで止めておきます。 次第に会話が長くなってきたら、友達を目指すのです。 友達になれれば、食事やお茶への誘い程度なら了承してくれる可能性が上がります。 少しずつ仲良くなることで、お互いへの理解も深まるのです。 段取りを何段階も飛ばして女性と仲良くなれる人は確かに存在します。 ですが、女性との交流経験や会話術など、これまでの経験を活かしている場合が多いのです。 慣れない人が真似をしても、失敗に終わるだけでしょう。

続きを読む

女性のサインによく気がつく

女性の好意や嫌悪を示すサインに気がついていますか。 もてる男は女性のサインに敏感なのです。 女性は、同性から見れば非常にわかりやすく好悪の感情を出しています。 女性のサインに気づかない人は、それぞれの人をよく見ていないだけです。 ちゃんと見ていると思うなら、今日会った女性を三人ピックアップしてください。 家族に知り合い、通りすがりで気になった人まで誰でもかまいません。 では、三人の着ていた服、目に止まったアクセサリー、唇の色を挙げましょう。 もてる男は、それぞれ説明できます。 会話だけでなく、女性の細かい部分をよく見ているからなのです。 そもそも適当に女性を選ぶのではなく、今日印象に残った人を挙げることから始まります。 彼女の定番はどんな服とアクセサリー、メイクなのか説明できる位には注目しているのです。 女性をぼんやりとただ眺めるだけでは気づくことはできません。 しかし、男性は会話に注意するだけで視覚をあまり利用していないのです。 何を話そう、返事はどうだったという聴覚を主に使い、女性を見る余裕がありません。 いくら会話の内容を注意深く聞いていたとしても、女性が好悪を示すことはまずないのです。 女性のサインは、仕草や表情といった目で見てわかる部分で感情を示しています。 会話は聞き役に徹するつもりで、女性の仕草をよく見てください。 その時々に、様々な感情を表現しているはずです。 女性のサインに気がつくようになれば、好きになってくれた瞬間もわかります…

続きを読む

ボディタッチが許されるタイミングを作る

男性がみだりに女性の体に触れると、即セクハラだと言われる時代です。 しかし、女性と仲良くするためにはボディタッチが一番と言います。 実際、もてる男は違和感なく女性の腕や頭に触れます。 いったいどのような工夫で触れるのでしょうか。 もてる男は、ボディタッチが自然とできるタイミングを作ります。 恋愛に関係のない理由で触れて、女性の抵抗感を薄くしていくのです。 例えば、手相を見てあげると言って手を出さない女性は少ないでしょう。 占い好きは女性のお約束です。 他にも、ハンドマッサージなんていいですね。 手にはツボが多数あります。 疲れにいいツボ、肩凝り用のツボなど知っておくと喜ばれます。 女性は力が弱いので、場所を教えるだけでなく実践してあげる理由にもなります。 街中を歩く際に、女性が通行人にぶつかりそうになればチャンスです。 すかさず引き寄せて、危険だと伝えてあげましょう。 ボディタッチには、女性の警戒心が薄れる工夫が必要です。 たとえ恋愛に関係のない理由であっても、十分な効果は得られます。 女性を意識している態度を出さず、自然に行ってください。 少しでも下心が見えたら最後、女性は警戒心を非常に強めます。 記憶が薄れるまで、一切近づけなくなると言っても過言ではありません。 くれぐれも注意してください。 逆に、女性の方からあなたへ軽く触れてきたらチャンスです。 女性は何とも思ってない男性に簡単に触れてはきません。 ただし、日頃から誰にでも触れてく…

続きを読む

適度に隙を作り出せる

好きな女性の前では、いつでもいい所を見せたい人が多いのではないでしょうか。 背伸びをする、見栄をはる、強がるといったそぶりで格好悪い部分を隠そうとします。 いつまでもこの調子では緊張を解くタイミングがありません。 女性は男性の緊張状態を、始めの内は好意的にとってくれます。 しかし、自分といるときに緊張する男性に壁を感じるようになるのです。 これでは女性にもてるどころか嫌われてしまう結果になりかねません。 一方でもてる男は、女性が付け入る隙を見せられます。 可愛げがある様子にちょっとしたミスといったところを見せるのです。 もちろん致命的なものを見せたりはしません。 格好悪くならない程度に隙を作り出して、女性へ差し出します。 男性の作り出す隙は、恋愛のために使うテクニックのひとつです。 女性の母性をくすぐることで、恋愛感情を抱かせることができます。 女性にとって、男性は完璧であるよりどこか駄目な部分を持つ方が惹かれやすい傾向があります。 落語でも、ぐうたら亭主にしっかり者の奥さんという題材がよくあります。 この人は私がいなくては駄目なんだと思う瞬間、女性は恋に落ちてしまうのです。 特に普段は仕事ができる人、いつもおしゃれで全身に隙が見あたらない人ほど効果的です。 そういった男性ほど、なかなか女性に格好悪い部分を見せたくはないでしょう。 しかし、一見完璧に見える人が見せる隙だからこそ普段とのギャップが大きくなります。 ギャップの大きさは、女性の母性本能…

続きを読む