芸能人に似ている話題は出さないほうがいい

そういえば、芸能人の○○に似ているよね 友人同士の普段の会話で、芸能人に似ている話題がよく出ます。 あなたは芸能人の誰に似ていると言われますか。 何気ない瞬間ですが大切です。 似ていると言われたときを思い出しましょう。 おそらく嫌な気分になったのではないでしょうか。 もちろん誰に似ているかにもよりますが、嬉しくない場合のほうが多いはずです。 芸能人に似ている話題を、喜ぶのはまれです。 喜ぶ人がいますが、少数でしょう。 なぜでしょうか。 自分が、芸能人の模倣のように扱われている気がするからです。 芸能人がメインで、自分がサブになります。 自分のことをサブとして、小さく扱われているように聞こえます。 自分が芸能人の副産物であるかのように聞こえてしまい、少し気分が悪くなるのです。 かっこいい芸能人に似ていると言われても、どこか心につかえが残ります。 あくまで芸能人は芸能人であり、自分は自分です。 個人を尊重してもらいたいと思うのです。 似ていれば似ているほど、つい口に出して言いたくなります。 話題に出していいのは、相手からそういう話題を振ってきたときです。 もちろんかっこいい芸能人に似ていると言われると、喜ぶ人もいます。 しかし、世間一般に評判の芸能人でも、相手がその芸能人によい印象を持っているとは限りません。 似ていれば似ているほど、多くの人から同じ話題を振られているはずで…

続きを読む

モテる人は最初から褒めようと意識をしている

一般的な人の会話では「たまたま褒める」のが特徴です。 適当に話を進めていて、たまたま相手のすごいところを見つけたので褒める、という感じです。 話の流れに任せています。 しかし、モテる人は違います。 モテるための最も基本的な会話は「褒めること」です。 そんなことかと思うかもしれませんが、やはりこれが一番大切なモテる会話術です。 褒めることは、お互いが明るくなれるベストな話題です。 人は、自分を褒めてくれる人のことが好きになります。 認められると嬉しいです。 認めてくれる人を好きになります。 褒める人は、ささいな点まで見逃さずに見ている鋭い視点をアピールできます。 ぼうっとしているのではなく、引き締まった印象になるでしょう。 褒めるのは、気持ちいいですね。 モテる人は「褒められるところはないかな」という目的意識が最初にあって、会話をしています。 常にアンテナを張っています。 なんでもいいのです。 たまたま見つけるのではなく、何かないかなと意識をしましょう。 考えようとしないと、思いつきません。 何かないかなと考えていると、1つや2つは出てくるものです。 たとえば、私が今すぐあなたを褒めましょう。 「いつもHappyLifeStyleの文章を読んでいてすごいですよね。それはきっと向上心がある証拠です」 ほら、褒めることができました。 私があなたを褒めようと心がけたので、…

続きを読む

モテる人は「モテる会話」を意識している

普段、私たちが会話をするとき、あまり難しいことは考えていません。 たまたま思ったことや目にしたことを話題にしながら、会話をしていることでしょう。 その場で思ったことを、あまり難しく考えずに返事をしているのではないでしょうか。 たまたま気の合う人であれば話は盛り上がりやすく、気の合わない人であれば、話しづらいといった感じです。 しかし、モテる人は違います。 世の中には「モテる会話術」なるものが、存在します。 恋を意識させる返事。 好感が得られる言葉。 連絡を取りたくなるフレーズです。 相手から好感を得て、印象アップをするための会話です。 モテる人は、やはり会話が上手です。 相手を喜ばせ、同時に自分の好感を上げるような会話をしています。 そういうコツを、私たちは学校で勉強をしていません。 学校では教えてくれません。 だからこそ、今、勉強しましょう。 ただ相手の会話に反応をするのではなく、恋に結びつきやすい反応をするのです。 そういうサンプルをたくさん紹介します。 モテるのは、モテるような会話を心がけることです。 「こういう状況では、こういう反応をする」というサンプルを、あらかじめ把握しておきましょう。

続きを読む