告白はされる側よりする側になるほうがいい

告白における立場には、2つあります。 告白をする側と、される側です。 どちら側になりたいですかと聞けば、やはり「される側」になりたいと思うものです。 告白される側のほうが、異性からモテている感じがあります。 相手から告白してくれるので、恥ずかしい思いをすることもなく、楽ちんです。 しかし、ここが要注意です。 (c) .foto project 告白される…

続きを読む

人生で一番大変なのは告白だ

人生で一番大変なのは、告白です。 これ以上、恥ずかしいことはありません。 これ以上、大変なこともありません。 道端につまずいて転んで笑われる恥ずかしさには耐えられますが、告白の恥ずかしさには耐えられません。 顔から火が出そうになると言いますが、本当です。 本当に顔から、火が出そうになります。 「好きな人に、好きだという気持ちを伝える」 たったこれだけ…

続きを読む

指先の小さな爪は体全体のイメージまで波及する

料理番組で登場する料理人には、ある心がけがあります。 テレビに映った料理人の手をじっと見てみましょう。 必ず爪が短く切られているはずです。 マナーという問題もありますが、そもそも食事のイメージを壊さないためです。 爪が伸びていると「爪も切らない人が、食材を上手に切れるのか」と疑問に思います。 伸びた爪に垢がたまっていると「食事の中にも、垢が混ざっているのではないか」…

続きを読む

縦にストライプが入った服を着ると縦長に見える

クールな男性は、柄のある服をできるだけ避けます。 キャラクターや文字の入った余分なものは、クールな男には不要です。 もし、クールなスーツにアニメキャラクターの絵があると、威厳や品格が落ちてしまいます。 しかし、例外として、着てもいい柄の服があります。   「縦にストライプが入った服」です。   数多くある柄の中でも、この系統の服は着ても大丈夫です。 …

続きを読む

鏡の前でこそ動いたほうが本来の自分が見えやすい

私たちは普段、じっとしている時間は少ないです。 じっとしているときと言えば、寝ているときくらいです。 そのほかの時間では、なにかと体を動かしています。 食事をするときには口を動かし、勉強をしているときは指を動かしています。 通勤や通学途中など、両手両足を動かしています。 いつも、どこか、体を動かしています。 それが自然です。 じっとしているより、動いてい…

続きを読む

人気記事