鏡の前でこそ動いたほうが本来の自分が見えやすい

私たちは普段、じっとしている時間は少ないです。 じっとしているときと言えば、寝ているときくらいです。 そのほかの時間では、なにかと体を動かしています。 食事をするときには口を動かし、勉強をしているときは指を動かしています。 通勤や通学途中など、両手両足を動かしています。 いつも、どこか、体を動かしています。 それが自然です。 じっとしているより、動いてい…

続きを読む

スーパーマンの非常識な格好も胸を張るからかっこよく映る

どんなにかっこいいファッションも背中が曲がっていると台無しです。 背中が丸くなって、自信がなさそうに下を向く姿勢は、威厳も品格も半減です。 しかし、平凡なファッションでも、胸を張ればシャープなファッションに見えます。 胸を張ることで服のしわが伸びて、堂々とした雰囲気を作ることができるからです。 服装ももちろん大切です。 しかし、それ以上に大切なのは「胸を張ること」で…

続きを読む

夏の普段着でも短パンにはならない

ビジネススーツに、半袖はあっても半ズボンはありません。 半袖があるのなら、半ズボンがあってもおかしくないと思いますが皆無です。 半ズボンになると、信用・威厳・誠意などが著しく低下してしまうからです。 足の皮膚が見えたり、毛が見えたりすると、だらしなく映ります。 露出すればするほど、男性らしい威厳が弱くなります。 やはり長ズボンをはいているほうが、しっかりした印象を受…

続きを読む

「恋愛はなんでも話ができる関係が大切」という主張の後、「あなたにならなんでも話ができそう」と言う。

好きな人との会話では、いろいろな話題が出ると思います。 話の流れで「恋愛」について話題を出しましょう。 このとき「恋愛で一番大切なことは何か」と話題を出してみましょう。 相手と恋愛観について、意見交換をしましょう。 相手は「顔が一番」「性格が重要」「スタイル重視」など、さまざま主張するでしょう。 相手からの意見は、どうでもいいのです。 重要なのは、あなたが訴え…

続きを読む

いくつに見えるか年齢を聞かれたときの定番の答え方

「私、いくつに見える?」 会話中、年齢のついての話題が出ることがあります。 この質問は、困ります。 答え方によっては、相手の気分を害するかもしれないからです。 年齢は若く答えればいいと思っていませんか。 いいえ、なんでも若く答えればいいわけではありません。 若く答えることで気分を害する人もいるでしょう。 ここで、私が心がけている返事の仕方あります。 …

続きを読む

人気記事