モテる人は「上手に話そう」と思うより「上手に話を聞こう」と心がけている

好きな人と話をするときには、上手に話をしようと思います。 恋愛を意識した会話では、多くの場合、話すことに力を入れてしまいがちです。 自分のことを知ってもらえれば、好きになってもらえるだろうと思うからです。 もちろん上手に話をすることも大切です。 しかし、話そうと思えば思うほど、空回りしやすくなります。 自分の話はするけれど、相手の話はあまり聞かないという、偏りのある…

続きを読む

男性から 「イタリアンでいい」と聞かれて「いいよ」と返事をしていませんか

「おなかがすいたね。イタリアンでも食べに行こうか」 デートといえば、やはり食事ですね。 男性から、イタリアンを食べに行こうと誘いがあったとします。 あなたはどう返事をしていますか。 差し支えなければ「いいよ」と答えているのではないでしょうか。 別に間違っていない言葉ですが、普通すぎます。 マイナスではないがプラスでもないという、微妙な返事です。 男性…

続きを読む

陰で友人の悪口を言う人と付き合えば、陰であなたの悪口も言うだろう

人間の性格というのは、そう簡単に変わるものではありません。 顔形や外見に惑わされていませんか。 外見が整っていると、性格までよく見えます。 しかし、性格というのは、自然と行動に表れます。 思っているから、行動に表れるのです。 好きな人が、友人の悪口を言っているであれば、要注意です。 たとえ、付き合うことができても、陰でこそこそとあなたの悪口を言うに違いありませ…

続きを読む

方言をアピールしたほうが、隙があってモテやすくなる

出身地によって、方言があります。 地元で恋愛をしているときには気にならなかったのですが、社会人になって都会で働くようになると、方言に気づきます。 自分の方言が、とても気になり始めるのです。 「方言を直して標準語のほうが、かっこいいのではないか」 「方言があると、田舎くさくてモテないのではないか」 不安が強くなり、必死で方言を直そうとする人がいます。 直…

続きを読む

「もしよかったら」を加えるだけで、感じのいい表現ができる

「なんだか感じのいい誘い方だな」 そう思う人には、感じのいい表現が使われています。   「もしよかったら」です。   たとえば、好きな人に次のような言葉をかけるとします。 「今度、一緒に食事に行こうよ」 「お手伝いをします」 「話を聞かせてください」 言いたいことは分かりますが、いきなりすぎると、ちょっと引いてしまいますね。 …

続きを読む

人気記事