モテる人は「上手に話そう」と思うより「上手に話を聞こう」と心がけている

好きな人と話をするときには、上手に話をしようと思います。 恋愛を意識した会話では、多くの場合、話すことに力を入れてしまいがちです。 自分のことを知ってもらえれば、好きになってもらえるだろうと思うからです。 もちろん上手に話をすることも大切です。 しかし、話そうと思えば思うほど、空回りしやすくなります。 自分の話はするけれど、相手の話はあまり聞かないという、偏りのあるコミュニケーションになりやすいのです。 自己主張が強い人だと思われ、逆に煙たがられるかもしれません。 会話で大切なのは、話すことより、聞くことです。 話を聞ける人は、モテます。 聞く姿勢によって「あなたのことを知りたい」というメッセージを伝えられるからです。 ほんの少し、会話の姿勢を変えてみましょう。 「上手に話そう」と思うより「上手に話を聞こう」と思うのです。 上手に話を聞こうとするとき、話の軸は「相手」になります。 「相手のことを知ろう。分かろう。理解しよう」という気持ちになります。 話の内容に応じて、相槌をうったり、気の利いた返事を考えたりしようと思います。 その熱い姿勢に、相手は心を打たれます。 「自分のことを知りたがっている」という気持ちが相手に伝わった瞬間、どきっとするのです。 上手に話そうと思うより、上手に話を聞こうと心がけるほうが、コミュニケーションはスムーズになるのです。

続きを読む

男性から 「イタリアンでいい」と聞かれて「いいよ」と返事をしていませんか

「おなかがすいたね。イタリアンでも食べに行こうか」 デートといえば、やはり食事ですね。 男性から、イタリアンを食べに行こうと誘いがあったとします。 あなたはどう返事をしていますか。 差し支えなければ「いいよ」と答えているのではないでしょうか。 別に間違っていない言葉ですが、普通すぎます。 マイナスではないがプラスでもないという、微妙な返事です。 男性からの問いに普通に返事をしているだけ。 何か物足りない気がしませんか。 そこで、工夫を凝らした返事があります。   「いいね!」です。   ほら、ポジティブな返事になりましたね。 どちらもOKを意味する返事ではありますが、伝わってくる前向きな気持ちが違います。 「ちょうど私も同じことを考えていたところ。いい提案だね」という前向きなニュアンスが伝わってきますね。 誘った男性としては、相手から「いいね!」と言われと、嬉しくなります。 男性から「食べに行こう」と言われたとき「いいね!」と明るく返事をしましょう。 デートのテンションが上がっていくのです。

続きを読む

陰で友人の悪口を言う人と付き合えば、陰であなたの悪口も言うだろう

人間の性格というのは、そう簡単に変わるものではありません。 顔形や外見に惑わされていませんか。 外見が整っていると、性格までよく見えます。 しかし、性格というのは、自然と行動に表れます。 思っているから、行動に表れるのです。 好きな人が、友人の悪口を言っているであれば、要注意です。 たとえ、付き合うことができても、陰でこそこそとあなたの悪口を言うに違いありません。 男性でも女性でもそうです。 きちんとしたお付き合いをするためには、きちんとした人を選ぶ必要があります。 少し厳しいことを言うようですが、告白の成功率うんぬんより、そういう人とはそもそも付き合わないほうがいいのです。 もう1つ大切な話があります。 あなたはいかがでしょうか。 あなたこそ、友人の悪口を陰でこそこそと言っていませんか。 「陰で友人の悪口を言うくらいの人だから、付き合ったとしても、陰で私の悪口も言われるだろう」 直感的にそう思われ、モテなかったり告白に失敗したりするのです。 この機会に、自分の言動を振り返ってみましょう。

続きを読む

方言をアピールしたほうが、隙があってモテやすくなる

出身地によって、方言があります。 地元で恋愛をしているときには気にならなかったのですが、社会人になって都会で働くようになると、方言に気づきます。 自分の方言が、とても気になり始めるのです。 「方言を直して標準語のほうが、かっこいいのではないか」 「方言があると、田舎くさくてモテないのではないか」 不安が強くなり、必死で方言を直そうとする人がいます。 直したい人は直してもいいですが、無理やり直す必要はありません。 方言がある人はラッキーです。 むしろ方言があるほうがモテます。 なまり口調のほうが、人間性に隙があるように見えて、付き合いやすくなるからです。 人間、完璧を演じるより、少しくらい隙があるほうがモテます。 方言は、相手を安心させます。 都会に染まらず、自分の故郷や個性を大切にしている人だなと思いませんか。 そういうところが、じわりじわりと感じられるので、温かくて癒されるのです。 方言は財産なのです。

続きを読む

「もしよかったら」を加えるだけで、感じのいい表現ができる

「なんだか感じのいい誘い方だな」 そう思う人には、感じのいい表現が使われています。   「もしよかったら」です。   たとえば、好きな人に次のような言葉をかけるとします。 「今度、一緒に食事に行こうよ」 「お手伝いをします」 「話を聞かせてください」 言いたいことは分かりますが、いきなりすぎると、ちょっと引いてしまいますね。 いきなり誘われると、身構えてしまい、警戒してしまいます。 唐突で、少し一方的な言い方です。 人によっては不快感を抱く人もいるでしょう。 そこで使いたいのが「クッション言葉」です。 感じのいい表現を作るのは簡単です。 表現の最初に「もしよかったら」を加えるだけでいいのです。 誘いの言葉の前に「もしよかったら」を加えて疑問形にしましょう。 「もしよかったら、今度一緒に、食事に行きませんか」 「もしよかったら、何か手伝いますよ」 「もしよかったら、話を聞かせてほしいな」 表現にとげとげしさがなくなり、柔らかい言い方になりましたね。 最終的なOKかNOかの判断を、相手に委ねています。 相手に不快感を与えないように配慮している様子がうかがえます。 感じのいい誘い方をさせると、その気がなくても「いいかな」と思うのです。

続きを読む

偶然は、うまく作り出すのです

好きな人から電話がかかってきたとき「ちょうど今、私も電話しようとしていたところ」と言いましょう。 好きな人からメールが来たとき「ちょうど今、私もメールしようとしていたところ」と言いましょう。 好きな人から、期末テストの話題が出たとき「ちょうど今、私も同じこと考えていたところ」と言いましょう。 これを「シンクロニシティー」と言います。 思いと現実の出来事が一致することです。 お互いが同じタイミングで、同じことをしようとしていることが分かると、気持ちが一致しているようで嬉しいですね。 嘘でもいいのです。 たとえ、タイミングがずれていても「ちょうど今、同じことをしようとしていたところ」とわざと言いましょう。 相手に、シンクロニシティーを意識させるためです。 「この人とは気が合うな。運命的な何かがあるのではないか」 そう思わせるのです。 そう思わせるために、上手に嘘をつきます。 恋愛は、嘘も方便です。 偶然は、うまく作り出すのです。 もちろんあまり使いすぎては怪しまれるので、使いすぎには要注意です。 適度さにシンクロニシティーを思わせる言葉を言って、赤い糸を意識させましょう。

続きを読む

「食べるのが大好き」という自己主張をするだけでデートに誘いやすくなる

自己紹介はなんでもいいですが、必ず「食べるのが好きであること」をアピールしましょう。 趣味は何ですかと聞かれたとき「食べることです」と言えば、理想的です。 信じられないかもしれませんが、これだけでデートに誘いやすくなります。 「え? なぜ、なぜ?」 その言葉を待っていました。 ここに大きな心理テクニックが隠されています。 「私、食べるの大好きなんですよ」 そう言われたときに、自然と流れるであろう会話を考えてみましょう。 おそらく多くの場合、次のような話の流れになることでしょう。 食べるのが好きという自己主張をする ↓ 自然と、おいしい食事の話題が出やすくなる ↓ 相手から「○○にあるレストランがおいしいよ」と話題が出る ↓ 「食べに行きたい!」という話の流れになる ↓ 「じゃあ、一緒に行こうか」という話になり、デートの約束ができる なぜ食べることが好きであることを主張するのか、理由が分かりましたね。 会話に食事の話題を出し、最終的にデートに誘いやすい雰囲気を作るためです。 そもそも「食べるのが大好き」という自己主張をするだけで、食の話題になりやすくなります。 「一緒に食べに行こう」という話に流れ、デートに誘い出しやすくもなるのです。 自己主張をするほどでもないと思いますが、あえて自己主張をしましょう。 「食べるのが大好き」という自己主張は、男性でも女性でも使えますね…

続きを読む