話上手より聞き上手な人がモテる

モテる人といえば、一般的に話上手というイメージがあります。 話すより、聞くほうが大変です。 受け身になるのは、なかなか疲れます。 じっと相手の話を聞いて、理解に徹するのはなかなか大変です。 あまりたくさん話しすぎてしまうと、少しうっとうしいと思われることがあります。 とりわけ、好きな人の前では自己主張の強い会話になりがちです。 もっと自分のことを分かってもらえれば、もっと自分のことを好きになってもらえるに違いないと思うからです。 聞かれてもいない会話をぺらぺらと話してしまうと、逆に相手から嫌がられることがあります。 「この人と一緒にいると疲れるな」と思われ、避けられるのです。 しかし、話をたくさん聞きすぎて、相手から嫌われることはありません。 モテる人は、話上手ではなく、聞き上手です。 話をたくさん聞いてもらえるのは、誰にとっても嬉しいことです。 誰でも自分のことを分かってもらいたいと思っているので、聞き上手はモテるのです。 聞き上手になるだけで、相手から好感を得ることができます。 割合としては話すことに30パーセント、聞くことに70パーセントです。 たくさん話ができる人より、たくさん話を聞ける人になりましょう。

続きを読む

「あなただけ」と思わせる表現の簡単な作り方

モテるためには「あなただけ」と思わせる会話をします。 「あなたといると、普段できない話もできそう」 「ここだけの話なんだけど」 「この話はほかの人に言っちゃだめだよ」 「あなただけ」と思わせる表現をたくさん覚えて、会話の中でタイミングよく使いましょう。 相手を特別扱いするような会話をすれば、相手もあなたを特別扱いするような会話をしてくれるようになります。 その結果、恋愛につながりやすくなるのです。 しかし、とっさに思い浮かばないときもあるでしょう。 では、ここで「あなただけ」と思わせる表現の上手な作り方があります。 単純です。 「あなただけ」と思わせる会話は「あなただけ」という表現をストレートに使えばいいのです。 「こんな話ができるのは、あなただけだからね」 「あなたにだけは、なんでも話ができそう」 何のひねりもないからこそ、思ったときにすぐ思い出せますね。 単純ですが、いざというとき役立つはずです。

続きを読む

モテる人は「あなただけ」と思わせる会話を意識する

モテる人は「あなただけ」と思わせる会話がうまいのが特徴です。 相手を特別扱いしているようなニュアンスを、会話に含めるのです。 相手に好意があることを、少しずつ伝える方法です。 「あなただけ」と思わせる気の利く表現は、いろいろあります。 「こういう話ができるのはあなただけだよ」 「あなただから思い切って話をする」 「あなたといると、普段できない話もできそう」 「ここだけの話なんだけど」 「この話はほかの人に言っちゃだめだよ」 こうした言葉を言われると、自分に対して特別な意識を持って接してくれていることが分かりますよね。 人間は自分が特別扱いをされると、自分も相手を特別扱いしたくなるのです。 好意をお返ししたい気持ちが働くようになるからです。 せっかく自分を特別扱いしてくれたのなら、自分も相手を特別扱いしたくなると思います。 そういう心理になると、モテる人は知っているのです。 「あなただけ」と思わせる会話を積極的にしようとします。 積極的に「あなただけ」と思わせる会話をすると、自然と相手も「あなただけ」と思わせる会話をしてくれるようになります。 恋愛につながる可能性が高くなるのです。 ちなみに「あなた」の部分を、相手の名前に置き換えるとさらに効果的です。 好きな人の名前を含めて、相手をどきっとさせましょう。

続きを読む

過去の恋愛話が出たら「忘れちゃった」でかわす

「前に付き合っていた人とは、なぜ別れたの」 話をしていると、ふと過去の恋愛話が出ることがあります。 相手から、昔付き合っていた人の話を聞きたがったり、別れた原因について知りたがったりされます。 聞かれたから正直に答えたいところですが、ストップです。 仲良くなっていればいいですが、関係が浅いうちはあまり出さないほうが無難です。 多くの場合、過去の恋愛話をすれば、暗い雰囲気になってしまうからです。 付き合っていた男女が別れるとき、何か原因があるものです。 嘘、浮気、金銭問題、暴力。 原因は多種多様ですが、いずれにせよ暗い話題です。 なんらかの問題があって、別れました。 過去の失敗を思い出したりしているうちに、会話の雰囲気が悪くなってしまうのです。 話が暗くなるだけならまだいいほうです。 過去の失敗をあからさまに言うのは、自分で自分の評価を落としかねません。 「冷たい人だな」「欲深い人なのかな」という悪い誤解を生んでしまうこともあります。 こうしたことで、せっかくうまくいきかけている今の恋愛を邪魔しかねないのです。 もちろんお互いに深い信頼関係があれば話題に出してもいいでしょう。 しかし、浅い関係のうちから遠慮なく話をするのは、できるだけ避けるほうが無難です。 では、過去の恋愛話が出たとき、どう答えるといいのでしょうか。   「忘れちゃった」です。   忘れたふりをするのです…

続きを読む

相手から連絡先を聞き出すのは、難しいようで実は簡単

好きな人に近づくためには、相手と連絡が取れる電話番号やメールアドレスが必要です。 相手の携帯電話の番号やメールアドレスを知りたいと思うでしょう。 問題は、どう聞き出すか。 いきなり携帯電話の番号やメールアドレスを教えてとは言いにくい。 まずは、そういう話になるような雰囲気を作ることが必要ですね。 難しいようで、実は簡単なのです。 とにかく相手との会話を楽しむことです。 相手が、面白がったり共感できたりする話を楽しみましょう。 当たり前のことと思いますが、当たり前でいいのです。 会話を十分に楽しむことができれば、実は連絡先を手に入れたも同然です。 会話の終盤に差し掛かったタイミングで「楽しかったね。また今度一緒に遊ぼうよ」と誘ってみましょう。 「機会があったら食事しよう」「また会えるかな?」という言い方でも結構です。 あなたとの会話が楽しく感じられて「また会いたい」と思われているのなら、前向きな返事があるはずです。 その瞬間です。 「じゃあ、連絡先を教えてほしいな」と言ってみるのです。 会話の流れから、携帯番号やメールアドレスがスムーズに交換できます。

続きを読む

芸能人に似ている話題は出さないほうがいい

そういえば、芸能人の○○に似ているよね 友人同士の普段の会話で、芸能人に似ている話題がよく出ます。 あなたは芸能人の誰に似ていると言われますか。 何気ない瞬間ですが大切です。 似ていると言われたときを思い出しましょう。 おそらく嫌な気分になったのではないでしょうか。 もちろん誰に似ているかにもよりますが、嬉しくない場合のほうが多いはずです。 芸能人に似ている話題を、喜ぶのはまれです。 喜ぶ人がいますが、少数でしょう。 なぜでしょうか。 自分が、芸能人の模倣のように扱われている気がするからです。 芸能人がメインで、自分がサブになります。 自分のことをサブとして、小さく扱われているように聞こえます。 自分が芸能人の副産物であるかのように聞こえてしまい、少し気分が悪くなるのです。 かっこいい芸能人に似ていると言われても、どこか心につかえが残ります。 あくまで芸能人は芸能人であり、自分は自分です。 個人を尊重してもらいたいと思うのです。 似ていれば似ているほど、つい口に出して言いたくなります。 話題に出していいのは、相手からそういう話題を振ってきたときです。 もちろんかっこいい芸能人に似ていると言われると、喜ぶ人もいます。 しかし、世間一般に評判の芸能人でも、相手がその芸能人によい印象を持っているとは限りません。 似ていれば似ているほど、多くの人から同じ話題を振られているはずで…

続きを読む

モテる人は最初から褒めようと意識をしている

一般的な人の会話では「たまたま褒める」のが特徴です。 適当に話を進めていて、たまたま相手のすごいところを見つけたので褒める、という感じです。 話の流れに任せています。 しかし、モテる人は違います。 モテるための最も基本的な会話は「褒めること」です。 そんなことかと思うかもしれませんが、やはりこれが一番大切なモテる会話術です。 褒めることは、お互いが明るくなれるベストな話題です。 人は、自分を褒めてくれる人のことが好きになります。 認められると嬉しいです。 認めてくれる人を好きになります。 褒める人は、ささいな点まで見逃さずに見ている鋭い視点をアピールできます。 ぼうっとしているのではなく、引き締まった印象になるでしょう。 褒めるのは、気持ちいいですね。 モテる人は「褒められるところはないかな」という目的意識が最初にあって、会話をしています。 常にアンテナを張っています。 なんでもいいのです。 たまたま見つけるのではなく、何かないかなと意識をしましょう。 考えようとしないと、思いつきません。 何かないかなと考えていると、1つや2つは出てくるものです。 たとえば、私が今すぐあなたを褒めましょう。 「いつもHappyLifeStyleの文章を読んでいてすごいですよね。それはきっと向上心がある証拠です」 ほら、褒めることができました。 私があなたを褒めようと心がけたので、…

続きを読む